そんなナカまで触れないで②

そんなナカまで触れないで

~上司は溺愛したがり、ときどき野獣~

著:茅谷しょうゆ

溺愛上司と敏感体質秘書の前途多難ラブレッスン

暗闇の中、専務の大きな体にすっぽり包まれて…そんな熱っぽい目で見つめられスカートに手を入れられたら…我慢、できません…っ どこを触られても感じすぎちゃう! 幼い頃から極度の敏感体質で、少し体に触れられるだけでビクビク感じてしまうコンプレックス持ちのすずは、異動で秘書課勤務に。 しかもイケメンで有名な、御曹司でもある久我(くが)専務の秘書だなんて! 噂通りの久我は優しく声をかけ、勤務中も気にかけてくれるけど… ある日、ひょんなことから久我に密着した状況で触れられてしまうすず。 ダメなのに、感じちゃいけないのに、大きくて熱い手で触れられると声が止まらなくて…… あられもない声を上げて絶頂してしまうわたしに、専務は――『その敏感体質、治してやるよ』

ストーリー

  • 【第2話】2019年7月1日 更新

    素敵な雰囲気の料亭で二人の視線が熱く絡み合い――…。

    すずと久我は抱き合って敏感体質の耐性をつけることに。体格差のある体に包まれ、ドキドキが止まらない上に押し倒されて…!?

  • 【第1話】2019年5月1日 更新

    溺愛上司と敏感体質秘書の前途多難ラブレッスン

    極度の敏感体質で、少しの刺激でもビクビク感じてしまうすず。専務の秘書になってしまい、ひょんなことからカラダに触れられて…